東京INFINITY
キヤノンフォトクラブ 東京INFINITY
文字サイズを変更する
by Taichi Kozawa 201205_木下 201205_麦わら帽子 201205_菅原
活動報告
2016年9月9日

8月例会活動報告

テーマ:

2016年8月14日(日) 13:00~17:00
京橋区民会館 洋室1号室(すっかりお馴染みの場所になりました)

 

本日の予定です。

 

 

 

 

例会が始まる前のひとときはこんな感じです。


Mさん、Sさんの笑顔からもリラックスした雰囲気が伝わってきますね。

 

 



Aさんのイギリス土産は、お洒落なプレッツェルとミントガム。

プレッツェルは後引く美味しさでした。

 

Aさん、ごちそうさまです。

 

 

 

 

13時ピッタリ。W副会長進行の下に例会が始まりました。

 

 

 

 

 

まずは、前回4月フォトコンの受賞式。

 

 

 



賞状は、やっぱりコザワ先生からです。

 

 

 



皆さん、納得の実力者ばかりです。

 

 

 

 

 

 

ここからは、皆さんが待ちに待った宿泊撮影会のお知らせです。


いよいよ来月ですからね。

 

 

 



Fさん、Aさんの説明にも力が入ります!

 

 

 



そして、本日は、ここで全体の記念撮影。


すったもんだとありながらの記念撮影です(汗)


あの場にいた方々のみが知るです(泣)

 

 

 



次は、力作ぞろいの7月「羽田空港」でのフォトコン撮影会の投票です。

 

 

 

 



投票方法は、1位、2位、3位と順位を付けて。


また、それぞれの持ち点が1点ずつ変わっています。

 


その合計得点でファトコン入賞者が決定です。

 

 

 



フォトコン集計係のIさん、Mさん、Nさん。


間違えてはいけないと真剣なおももち。

 

 

 

 



力作を撮られた皆さんのプレゼンテーションです。

 

 

 

 


 


 



優秀なINFINITYの皆さんですが、シャイなので想いを伝えるのは苦手のようです。

 

 

 


 


 



そんな中、熱い想いを語ってくださる方も、いらっしゃいました。

 

 

 


 


 


 


 


 



カメラマンが下手なために、プレゼンを伸ばしていただいた方、とぉ~い画となってしまった方々。

 

 

 


 


 



ごめんなさい!

 

 

 


 


 



せっかくのプレゼンも台無しに。。。。。

 

 

 


 


 



でも、ご安心ください!


優秀な作品には何ら問題なく、こちらの方々が入選されました。

 

 

 



ここで、ちょっと一休み。いや、この方にとっては猫休みか?

 

 

 



そして、ここからは、ナイショの写真展のための講評。


コザワ先生の顔も引き締まります。

 

 

 



INFINITYの面々も、難しい顔で写真とにらめっこ。

 

 

 


 



コザワ先生の厳しい講評に押し黙る面々。

 

 

 



いえ、この厳しさこそコザワ流の愛です。

 

 

 



ハイ、もちろん分かっていますとも。

 

 

 

 



重苦しい講評も終わり、今回のスペシャルセミナー‼


飛行機に全く興味がないと豪語するコザワ先生による「飛行機撮影セミナー」

 


このセミナーのため、午前中の早い時間から、


INFINITYの皆さんがいなくなった後の時間まで、素材写真準備のために撮影とのこと。

 


ありがとうございまぁ~す!

 

 

 

 



早速、飛行機撮影のどんなところが難しいかを、私たち素人に分かりやすい様にレクチャー。

 

 

 



そうです。そこなんですよ、先生。

 

 

 



皆が固唾を飲んで、食い入るようにスクリーンを見つめます。

 

 

 

 

 

飛行機に全く興味がないと豪語するコザワ先生が撮影し、厳選した写真群。


ジャーン!

 

 

 



最後に、コザワ先生がまとめてくださった「飛行機撮影」ポイントです。

 

さぁ、ここさえ気を付ければ、あなたも今日から「空ボーイ&空ガール」

 

 

 



8月の例会は夏の暑さに負けない、講師共ども、INFINITYの熱さいっぱいの一日でした。


コザワ先生、お盆というお忙しい中、お集まりいただいた皆さん、本当にお疲れ様でした。
そして、この後、開かれました懇親会 幹事のI関さん。ご準備ありがとうございました。

 

 

ブログ担当コバミーでした。

 

 


トップに戻る
2016年7月15日

7月例会活動報告

テーマ:

フォトコンテスト羽田空港の巻

参加者29名(講師+会員28名)

 

 

 

 

やってきました羽田空港国際線ターミナルの展望デッキ

 

 

 

 

まずは全員で記念撮影・・・帽子着用率高し(男子)

 

 

 

 

早速、撮影開始。

 

 

 

 

レッツゴーの合図とともに・・・

 

 

 

 

 

 

撮りまくるみなさん

 

 

 

 

 

 

撮りまくるみなさん

 

 

 

 

この日は見学者&他の撮影者も多かったです。

 

 

 

 

よじ登って撮っている方も多かったです。

 

 

 

 

こういう光景、多く見かけるようになりました。

パパさん、えらい!

 

 

 

 

 

K先生も将来、

こうしてお子さんを連れて撮影に出かけるのでしょうね。

 

 

 

 

「そのお帽子、ステキですね」

と言っていたかどうかは定かではありません。

 

 

 

 

Sさん、何から何までお世話になりっぱなしで、

すいませんでした。

 

 

 

 

几帳面さと面倒くさがりが程よく備わっている私は、

みなさんが最終的に第1ターミナルへ来るだろうと読んで、

 

そそくさと、しかも無料の巡回バスではなく、

モノレールでさっさと移動しました。

 

 

 

 

 

ここ、第1ターミナルでもみなさん真剣に撮影されていました。

 

 

 

 

Kさん、洋服のコーディネート、サイコーでした。

 

 

 

新婚さん、いらっしゃいその1

 

 

 

 

 

 

 

お仕事をすませて無事にS代表も合流されました。

 

 

 

 

親分はさすがの二刀流。

 

 

 

 

 

「ハットするほど」帽子がお似合いのSさん。

 

 

 

 

 

「遅れてゴメン」と謝っていたのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

20時までターミナルにいましたが、女性の方がおみえになったのが少なかったです。

ですので、女性の方の写真が少なくてすいません。

 

 

 

 

 

うらやましいくらい身体が柔らかいお二人・・・互いに撮りっこ?

 

 

 

 

新婚さんいらっしゃいその2

 

 

 

 

グランドハンドリングのみなさん、おつかれさまです。

 

 

 

 

いい按配の空になってきました。

 

 

 

 

 

この時間帯になってますますギャラリーが増えてきました。

 

 

 

 

 

ここでタイムアップ。

 

 

 

みなさん、暑い中最後まで、

しかも、途中でこっそり抜けてラーメンも食べることなく懸命の撮影、

本当におつかれさまでした。

 

 

以上、7月度の活動報告でした。

 

 


トップに戻る
2016年7月1日

6月例会活動報告

テーマ:

インフィニティー6月例会

日時 平成28年6月19日

場所 中野 ケンコー・トキナー社

 

 

一階で受付をして入館書をもらいます。

 

 

 

 

 これがないと不法侵入です。

 

 

 

 

 

 

今日の内容を説明します。

「写真展のポートフォリオ制作」

「PLフィルター・NDフィルターの使い方」

 

 

 

 

 

小沢先生に第一子ご誕生、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

会から、お祝いを差し上げました。

 

 

 

 

 

7月の例会は羽田空港での撮影会です。

 

 

 

 

 

9月の箱根撮影会の下見をした様子です。

 

 

 

 

 

小沢太一 スパルタワークショップメンバー写真展が7月13日〜18日まで

リコーギャラリーで開催します。

 

 

 

 

 

ポートフォリオ制作、先生の真剣な眼差し

会員の皆さんも

 

 

 

 

 

 

 

 

ポートフォリオ制作は時間の制約がありや1時間で終了次は8月に開催します。

 第二部はケンコー・トキナーの主催で会員以外の皆さまも多数参加しました。

 

 

 

 

これからの内容の説明と講師の紹介をしました。

 

 

 

 

 

ケンコー・トキナーの講師は関西弁で話が上手で思わずフィルターの世界に引き込まれます。

 

PLフィルター・NDフィルターの本格的な使い方は皆さん初めてのようです。

 

 

 

 

 

 

 

PLフィルターの使い方に納得

 

 

 

 

 

続いてNDフィルター

 

 

 

 

 

 

 

最後に質疑応答で終わりました。

 

 

 

 

 

 

集合写真は講習会参加者全員で撮りました。

 

 

 

 

講習後は2階の売店でお買い物

 

 

 


トップに戻る
2016年5月27日

5月例会活動報告

テーマ:


2016年5月8日、東京Infinity5月例会のご報告をいたします。

 

 

先月お休みされた小澤先生も帰って来ました。
今月のお品書きです。

 

 

1. 写真展実現に向けてブレーンストーミング

2.先月実施した撮影会のフォトコンテスト

3.先月実施した撮影会の組写真講評

 

 

先々月に引き続き、最初の1時間は写真展に向けての種まき、
方向付けのためのブレーンストーミングです。

 


 

 

何十枚もある会員各位が集めた「こんな写真どうかな〜?」コレクションと、
それぞれの撮り下ろし作品の中から、良いものをピックアップ&分析して行きました。

 

 

 

選ばれたものたちはなぜ良いのか?
なぜ良いと感じられたのか?

 

目で見て感じた事を言葉に置き換えてみます。

 


 

 

また今回は、


「この一枚はどこがあのテーマにつながるのかわからん」


といった性格の問題作品も別途ピックアップして、
選者の解説を聞いた上で再評価。

 

 



こうしてテーマを表現できる写真のパターン、これを整理&言語化したもの、
さらに本番で通用しそうな作品が数点…の成果が、得られました。

 


本番で出典する可能性もありますので、ちょいとぼかしておきますね。

 


 

 

写真展実現までにクリアしなくてはならない問題はたくさんあるのに、時間はあまりにも少ないですね。
未熟者の私には大変荷が重いです…

 

重い雰囲気の写真展準備会終了後、
スペシャルゲストのGOTO AKI先生が到着されました。

 


この後、GOTO先生とともに挑んだ
先月の月島モノクロ撮影会作品によるフォトコンテストを始めます。

 


GOTO先生、本日はよろしくお願いしますね!

 


 

 

フォトコン、会員は上位三点に投票するのですが、三点に絞り込むのは大変難しく、
ぐるぐる、何度も作品を見て回ります。

 

 

 

 

 

どれにしようかな〜?

 

 

 

 

 

自分なりの基準で投票。

 

 

 

 

 

厳正に集計中。

 

 

 



投票終了後は小澤先生、GOTO先生によるフォトコン参加作品の講評会です。
これはとても濃い時間でありました。

 

 

 

 

用意された評価判定用の◯、△、×の札。

 

 

 

 

じっくり見て

 

 

 


評価札を先生方が同時に挙手。

 

お二人の評価が結構別れたのが興味深いです。
むしろ一致しないケースの方が多かったですね。

 

 

 

 

 

一点ずつ、評価の理由をお二方に順番に、丁寧に解説していただきます。

 



 

 

 

 

作者からの反論や言い訳や撮影意図の説明の時間もありました。

 

 


 

 

 

さて、小澤先生が△を出したこの作品。

 

 


 

 

 

実はGOTO先生の作品でした!


GOTO先生もフォトコンに参加されていたのです。

 

 

 

 

 

 


評価変更です‥‥

 

 

 

 

 

フォトコン&講評、とても豪華で贅沢な時間でした。


しかし私はなんだかどっと疲れてしまいました。
ともあれ熱い時間でした。

 

 


 

 

 


お待たせしました、休憩をはさみ、次はモノクロ写真5枚の組写真講評会です。


一組ずつ丁寧に見て回ります。

 

 


 

 

私はブログ担当でいっぱいいっぱいだったため、
残念ながらせっかくの貴重なお言葉があまり頭に入って来なかったのですが、


容赦なくバッサリ行く小澤先生と、
なんとか良い部分も見つけてくれようとするGOTO先生の優しさがほんのり記憶に残っています。

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにこちらはGOTO先生の組写真作品です。素敵‥。

 

 


 

 

 

最後は、フォトコン入賞者の発表です。

 


厳正なる審査の結果は。

 

この5人の皆様が入賞です!

 


実力派のさわやかな笑顔、笑顔です。

 

 

 


 

 

 

GOTO先生、本日はありがとうございました!


名残惜しいです。

 

 

 

 

 



東京Infinityの例会は盛りだくさんで


とても密度の濃い日曜の午後でした。

 

 


さて、本日の会場、日本橋公会堂前で集合写真!

 

 


またこの会場を使わせてもらえますように〜


よろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

最後は懇親会、充実した1日でした。

みなさまお疲れ様でした〜。

 

 

 


 


トップに戻る
2016年5月6日

4月例会活動報告

テーマ:

今月の例会は特別講師によるセミナーというスペシャル企画。

 

期待が膨らみます!

 

 

会場もいつもと違う場所で新鮮です。

 

 

 

 

到着すると役員の皆様が会場準備を完了されてランチタイム中でした。

 

皆様ご存知の大御所のお二人

 

 

 

本日の仕切り役であるIさん

 

 

 

そんなこんなしているうちに三々五々会員が集合してきます。

 

 

 

朝7時過ぎに家を出たとTさん

 

 

 

今日も元気一杯のKさん

 

 

 

さー皆さん席に着いてね

 

 

 

 

いよいよ例会のスタート

 

最初に役員からの報告

 

 

 

 

 

 

役員からの報告の間も特別講師の先生を待って皆そわそわしてます。

 

 

 

 

 

そしてやって来られました。GOTO AKI先生!!

 

 

 

 

 

今日の例会はGOTO AKI先生による、なんと「モノクロ写真講座」!!

超ご多忙なGOTO先生からお話しを聞けるという誠に貴重な時間の始まりです。

 

先生ご持参のパソコンの中にはご準備頂いた資料がびっしりと。

 

 

 

 

いよいよ講座の始まりです。

 

 

 

 

GOTO先生いわく「モノクロを知るには、まずは写真の歴史を知ることが必要」と、


今日は限られた時間の中で「写真の歴史」のお話しもして頂くことになりました。

 

 

 

 

 

 

 

最初にGOTO先生ご自身のモノクロの歴史のお話しから・・

 

写真を学ばれていたころはモノクロで撮られていて、勉強のため色々な写真家の作品を見ておられたとの事

 

 

 

 

 

 

そして当時のGOTO先生の作品の事や巨匠「ロバート・フランク」とお会いになったお話し等、

 

とても興味深く拝聴しました。

 

 

 

 

 

 

続いて先生ご作成の写真の歴史年表による講義です。

 

 

年表(大変わかり易い年表です)に沿って、写真の歴史の転換点や主な写真家についてのお話しや、

併せてそれらの参考となる書籍等も色々ご紹介して頂きました。

 

 

凄く勉強になりました。

 

(こんなに体系的に写真の歴史の話しを聞いたのは初めてとの会員の方々の感想でした。)

 

 

 

 

 

 

そして最後に「モノクロ撮影における基本的なポイント」についてのお話し。

 

ここでも大切なポイントを沢山教えて頂きました。

 

 

 

 

 

皆真剣に聞き入ってます。

 

 

 

 

 

 

あっと言う間に時間が過ぎて名残惜しくも講座は終了しました。

 

そして、この後会場の近隣でモノクロ撮影の実習です。

 

 

講座の終了後全員で集合写真(これから撮影頑張るぞー)

 

 

 

 

 

 

そして・・

 

 

 

撮影終了後の皆様のお姿です。

 

疲れた~。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あれ~、まだ撮ってるの?

 

 

 

 

 

 

 

最後まで先生にお話し伺ってます

 

 

 

 

 

 

 

GOTO先生本日は本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(ここらは番外編です)

 

 

 

上手く撮影出来た人も出来なかった人も・・打ち上げー!

 

 

 

 

 

 

 

皆さん急に元気になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後はGOTO先生とのツーショット大会

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GOTO先生、そして皆様お疲れ様でした!

 

 

 

本日レポート担当はHARUOちゃんでした。

 

(モノクロ講座に因みモノクロ写真でのレポートにさせて頂きました。)

 

 

 


トップに戻る
2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
キヤノンフォトクラブは地域に根ざした活動をしています。
スマートフォンに対応しています。

Copyright (C) 東京INFINITY All Rights Reserved.