東京INFINITY
キヤノンフォトクラブ 東京INFINITY
文字サイズを変更する
by Taichi Kozawa 201205_木下 201205_麦わら帽子 201205_菅原
活動報告
2015年10月18日

2015年10月度の例会

テーマ:

今月(10月11日)の例会は

9月12日~13日に開催されたお泊り撮影会の

フォトコンテストがメインとなりました。

 

 

先だって役員&写真展実行委員からのお知らせがあり

 

 

 

 

 

 

会員の結婚報告もありました。

 

 

 

あっ!もう一人、幸せ真っ只中の御仁を忘れていました。(申し訳ありません)

 

 

 

 世界中の幸せを独り占めのお二人さんに心からお祝い申し上げます。

 

 

 ご結婚おめでとうございます! 

  末永くお幸せに・・・・・

 

 

 

 

 

さて、メインのフォトコンテストはどうなっているのでしょうか?

撮影場所は長野県

 

 

御柱で有名な諏訪大社から始まって大自然の蓼科高原、

川あり、池あり、滝あり・・・何処を切り取っても素晴らしい作品になりそうな場所ばかり。

 

 

五枚組の作品ともなるとなかなか大変だったと思いますが

机に並べられた作品はかなり気合の入った力作ばかりで圧倒されました。

 

 

会員一人五票の持ち票でいよいよ審査に入ります。

 

 

 

 

 

 

 

選ぶのも大変なのねぇ

だろ?あっちのなんか、どうだい?

う~ん。解んなくなってきちゃった

 

これ入れとく? そうね  (とか、何にも聞こえはしませんが)

 

 

 

 

迷いつつも投票箱へ   結果が楽しみですね

 

 

 

 

プレゼン&講評の様子は?

トップバッターのSさん  テーマは森の光です。

 

 

 

 

続いてSさん

 

 

 

Iさん

 

 

 

Tさん

 

 

 

 

と、プレゼン&講評は続いていきます。

Tさん

 

 

 

Yさん

 

 

 

Fさん

 

 

 

Tさん

 

 

 

Nさん

 

 

 

Kさん

 

 

 

Yさん

 

 

 

Sさん

 

 

 

Mさん

 

 

 

Kさん

 

 

 

Iさん

 

 

 

Mさん

 

 

 

 

 

 

作品を見ながら“ウ~ン”と頭を抱える顧問であります。

 

“二枚組、三枚組ならばっちり決まっているけど‥‥、五枚組の難しさはあるよね”

と、全般的に少々厳しい講評となりました。

 

 

 

顧問の作品を見せていただく。

顧問はどれとどれを組んだのか?

 

数名の方が挑戦し、4枚を当てた方もおりました。

 

 

 

 

 

 

 

最初の諏訪大社はモノクロ作品でそのことが諏訪大社の荘厳さを一層際立たせ

神聖かつ大地のパワーの漲りを感じさせてくれました。

 

 

 

ネイチャー写真はカラーで魅せてくれました

その素晴らしいこと、一同 息をのむほど感動しました

 

トーンで組んだり、組み方はいろいろあることを

実践して下さり、とても勉強になりました

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてお泊り撮影会に参加できなかった会員と

 

 

 

 

 

 

 

 

 

体験入会の6名の方のプレゼも

 

 

 

 

 

 

 

 

 皆さん、意欲も実力もあり、それぞれに素晴らしい作品でした。

 

 

 

フォトコンの集計も終わり、いよいよ結果発表です。

 

  1位 Sさん  2位 Fさん  3位 Mさん

  4位 Iさん  5位 Tさん  6位 Sさん

 

受賞された皆さん、おめでとうございます。

 

 

 

 

 

例会、恒例の写真撮影

 

 

 

 

皆さん、長い時間お疲れさまでした。

 

 

 

 


トップに戻る
2015年8月17日

2015年8月度の例会

テーマ:

 

この日、私は都内の、とある駅で下車しました。

 

下の写真はイメージです。

 

 

 

 

 

 

 

そしてこの駅の近くのビルの中にあるレストランに入って行きました。

 

 

この日は、キヤノンフォトクラブ東京INFINITYの例会が13時から開催される日です。

 

この駅の近くで例会が開催されるときは、時々このレストランでピザを食べることがあります。

 

 

 

 

この日も例外ではなく美味しいピザを頂きました。

 

 

レストランを出て、5階にある通路からのながめをカメラに収めました。

 

 

いろいろと構図を変えながら。

 

 

 

 

 

 

 

そのとき私は重大なことに気が付いたのです。あれが無い!

 

 

 

私は、11月に予定されているフォトクラブの写真展に展示する作品を持って

 

 

レストランに入ったはずである。

 

 

 

 

 

レストランで着席するときに、「忘れないようにしないといけないな」と思いながら、

 

 

テーブルの向かい側の椅子の上に置いたはずだ。

 

 

 

 

あわてて店の中に戻ると、その作品はレジの奥のほうに忘れ物として置いてあった。

 

 

無事に作品が戻ってほっとしながらそのビルを出て、例会会場に向かうことにする。

 

 

 

 

 

途中線路のガード下をくぐると、

 

 

 

 

 

 

 

立派な高層ビルが夏の暑い太陽に輝いていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

高層ビルの周りにも随分と緑があるものだと気が付きました。

 

 

 

さらに会場を目指して、歩いていくと、赤い靴の看板が目に入ってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです、私はこの赤い靴の看板を、例会会場への曲がり角の目印としているのです。

 

 

 

 

 

初めてこの会場に行くときには場所がわからずに近くをさまよったことがあり、

 

 

その時以来、この赤い靴の看板は私にとっての大切な道しるべになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

看板のところをまがって細い道に入って少し進んだところの、とあるビルの1階が例会の会場です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

中に入ると既に多くの会員が集まっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

顧問の小澤先生は相変わらず多忙で、会場で本日の昼食を食べている最中です。

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、いよいよ例会がスタート。

 

 

 

 

 

まず役員のI東さんから、本日の例会の進行についての説明が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「本日は、写真展用の作品を各自がプリントして持参したものを

 

 

小澤顧問の厳しいチェックを受けていただくのと並行して、

 

 

 

各自がこれまで撮りためてきた作品の自主講評会を行います。

 

 

 

持ち時間は一人6分です」とのことです。

 

 

 

 

ところで、このホワイトボードのイラスト、どこかで見かけたようなキャラクターです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そうです、知る人ぞ知るカリスマブロガーのブログに書かれているキャラクターにそっくりです。

 

 

 

心当たりのある方は該当するブログをのぞいてみて下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続いて、写真展実行委員長のS藤さんから写真展についての説明が行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そしてこちらは写真展実行委員のメンバーのK林(民)さんとK本さんです。

 

 

 

 

凄腕の実行委員で、キヤノンフォトサークルのゴールド賞受歴を有するつわものです。

 

 

 

 

しっかりと実行委員長の説明を聞いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

同じころ、ふと目を別のところに向けるとひときわ目立つ赤シャツの男が

 

 

 

一人で礼儀正しく椅子に腰を掛けており、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに向きを変えると小澤顧問が「フムフム、ナルホド」といった顔で話を聞いていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真展の役割分担についての議題が始まると、

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「それは私が担当します」とすかさず会員の手が挙がります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後ろに座っていた実行委員の2人からもすかさず仲良く手が挙がっていました。

 

 

 

 

 

意気込みが伝わってくるような挙手です。

 

 

我がフォトクラブのメンバーは積極的に行動してくれます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらはアロハシャツがよく似合う二枚目のM谷さんとニャンコ大好き人間のM原さん。

 

 

 

 

 

さて、いよいよ自主講評会のプレゼンがスタートしました。最初はあの赤シャツさんから。

 

 

次の写真で、後から見た様子と前から見た様子のセットでどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、会場の後方のスペースでは写真展用の作品チェックが

 

 

 

小澤顧問と実行委員を中心に始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

作品に汚れが付かないように、これからの作業には白い手袋をはめて、

 

 

 

作品を慎重に扱うことになります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、さっそくはめたこの手袋、なんとなく大きいように思いますがどなたの手でしょうかね。

 

 

 

 

 

ふと前方に目を向けると、既に赤シャツさんの自主講評は終わって、

 

 

次の方のプレゼンが始まっています。

 

 

 

 

 

 

赤シャツさんは立って見つめていました。

 

 

 

「S本さん」と声をかけると振り向いてにっこりとポーズをとってくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに自主講評会は進行し、N村さんによるたくさんの作品が張り出されました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

参加者は、作品をよく見ようと前に出て動き回ります。

 

 

 

人物のブレでその雰囲気を狙ってみました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、赤シャツさん、今度は椅子に腰を掛けてじっくりと説明に耳を傾けていました。

 

 

 

前方の足は例のアロハシャツさんです。暑いので半ズボンで失礼します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次はF島さんのプレゼンがスタートしました。

 

F島さんは今回の写真展の作品作りのためにイタリアまで遠征して帰ってきたばかりです。

 

 

 

 

 

 

素敵な、愛に溢れた写真を撮影して来られました。

 

 

多くの会員がその力作を間近で見ようと集まってきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次の写真は「してやったり」とご満悦のF島さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、こちらは先ほど登場したアロハシャツさんのプレゼンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「これからは明るめの写真にチャレンジしてみたい」とのことで、

 

 

意識して明るく撮った写真をご披露してくれました。

 

 

 

 

 

素敵な作品でした。ポーズも素敵でした。

 

 

 

 

 

 

そして次は、ある方の時計とブレスレット(?)とメガネ。

 

さりげなくおしゃれなものを身に着けています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次は、東京INFINITYの年度賞初代チャンピオンであるK口さんのプレゼンです。

 

 

てきぱきと歯切れよく説明してくれました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8月の暑い夏の真っ盛りのこの時期には、

 

 

スポーツドリンクと帽子と夏風邪のマスクがそれとなく溶け込んでいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、作品チェックも休むことなく順調に進行しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

丁寧にチェックをする小澤顧問と、

 

 

 

 

 

チェックを通過した作品を大事に受け取って処理する

 

 

実行委員のみなさんには本当に感謝、感謝です。

 

 

 

 

 

 

 

ありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

さて会場の前方スペースでは、

 

 

S田さんのPhotoshopを使った作品作りについてのプレゼンが始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

S田さんは最近Photoshopのセミナーを受講してきたようです。

 

 

 

さっそくその成果が発揮されていました。

 

 

 

 

 

 

会員も熱心に耳を傾け、その作品作りの鮮やかさに感心していました。

 

 

 

 

その後、ニャンコ大好き人間のM原さんのプレゼンがスタートしていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、後方では作品チェックに疲れた小澤顧問がうつろな目になってきていました。

 

 

 

 

 

小澤顧問申し訳ありません。

 

 

 

もう少しですのでよろしくお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、あの赤シャツさんを見つけた。

 

 

今度は後ろで立ちながらプレゼンを聞いている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、9月に予定されている宿泊撮影会の説明準備に余念がない、F島さん。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会場の前方スペースでは、ご自身の撮影スタイルと今後の取り組みについて

 

 

熱くその思いを語ってくれたM川さんのプレゼンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この手にこもった力強さから、その思いの強さが伝わってきました。

 

 

 

 

M川さんの力強い手を見てしまったので、優雅なネイルアートをどうぞ。

 

 

 

 

 

そして、優雅な御手を拝見した私は必然的に美しい御足に目が行ってしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、よそ見をしている間にプレゼンは次に進んでいました。

 

 

 

 

 

 

今回の写真展を紹介してくれる予定の刊行物に出展作品が掲載されることになった

 

 

 

我らがINFINITYのK林(美)さんのプレゼンです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

K林(美)さんはいつも斬新な切り口で

 

 

身の回りの何気ないモノを作品に仕上げて

 

 

 

私たちをハッとさせてくれる素晴らしいセンスの持ち主です。

 

 

 

 

 

 

後方では実行委員長が何やら真剣に取り組んでおられます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

実行委員長には、今回の写真展では、何から何までお世話になり、

 

 

いくら感謝してもしきれない程です。

 

 

 

 

 

 

これからもよろしくお願いします。

 

 

 

 

そして、M島さんのプレゼンが始まっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

M島さんご自身が歩んできた子育ての道を、今は娘さんが歩み始められたとのこと、

 

 

おめでとうございます。

 

 

 

 

 

そしてご紹介頂いた写真もほのぼのとした、肉親ならではの温かさに溢れていました。

 

 

素敵でした。

 

 

 

 

次は、いつもしっかりとしたご自身の考えをお持ちのT田さんです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

T田さんからは、よい作品に仕上げるためには被写体として

 

 

 

 

何を選ぶのかも大切であるということを教えていただきました。

 

 

 

 

 

 

大変勉強になりました。ありがとうございました。

 

 

 

 

そして、某カメラメーカーから最近発売された

 

 

 

約5,000万画素のフルサイズカメラによる作品をご披露くださったS藤さん。

 

 

 

 

 

 

満面の笑みでご説明くださりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、次の写真のような手軽なミラーレスカメラも

 

 

 

 

 

我がINFINITYでは流行っていますよ。

 

 

 

 

 

私のブログ用の写真もこれと同じミラーレスカメラで撮影しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、赤シャツさんですね。

 

 

 

 

 

フルサイズ5,000万画素の写真に見とれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらは、いつもしっかりとした構図を決めた作品を生み出しているT橋さんのプレゼンです。

 

 

 

 

今回もまさにそんな作品を拝見させていただきました。大変参考になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、またしても赤シャツさんです。いつの間にか場所を移動しています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今日も暑いので、メガネをはずして、水分補給が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして皆さんがお持ちになっている、飲み物の容器も個性があって、楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ところで、今回の写真展の作品はA3ノビサイズの3枚組です。

 

 

 

 

 

実行委員の方が気をきかせて作品を入れる保護袋を準備してくれていました。

 

 

 

 

 

何から何までありがとうございます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次のプレゼンは、Y生さんです。

 

 

 

 

 

これまでとは全く異なる作風を見せて下さった、Y生さんの作品には皆がオーとどよめきました。

 

 

 

思わずY生さんのお顔もほころんでいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Y生さんの素晴らしい作品は、皆を近くまでひきつけました。びっくりする出来栄えです。

 

 

 

 

M黒さんも腕組みをして見入っていました。今後の新たな分野での写真が楽しみです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長時間に及ぶ例会の休憩時間に外の空気を吸い込もうと建物の外に出ると、

 

 

 

 

ガラス窓を通して会議室内のINFINITYのメンバーが外から丸見えです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

よく見ると、右手のほうに、小澤顧問が作品チェックを続けて下さっています。

 

 

 

 

 

私たちのために体を削ってまで尽くして下さる姿勢には頭が下がるしかありません。

 

 

 

私たちはもっともっと一生懸命精進して小澤顧問の思いに応えなければなければいけませんね。

 

 

 

 

 

 

そんなとき、あの赤シャツさんは、何やらスマホを見ながらにやけています。

 

 

 

うれしい知らせでもあったのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、休憩後のプレゼンは、いつもしとやかなI関さんです。

 

 

 

 

I関さんがご披露くださった作品は、いつものお花とは全く異なるワンちゃんが被写体です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、赤シャツさんです。

 

 

 

 

いつの間にやら後ろのほうに移動して、二人並んでプレゼンを聴いています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

後方のスペースでは、小澤顧問による作品チェックは既に完了し、

 

 

 

 

 

実行委員長と何やらうちあわせが行われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そんな中、前方では我らが親分の登場で、プレゼンが盛り上がっています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

楽しそうな笑顔が、「親分は本当に写真が好きなんだ」ということを物語っているように感じました。

 

 

 

こんな素敵な生き方を見習いたいものです。

 

 

 

 

 

 

 

そして、実行委員のK本さんの身振り手振りとイラスト付きの花火の撮影方法のプレゼンは、

 

 

 

 

わかり易く実践的で大変参考になりました。

 

 

 

 

 

手に持っている黒い団扇が必須アイテムのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに実行委員のK林(民)さんのプレゼンは外国の棚田を切り取った素晴らしい作品です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いつもハッとする素敵な、そして斬新な写真を披露して下さるK林(民)さんです。

 

 

 

 

今回もすっかり堪能させていただきました。

 

 

 

 

次の写真の後ろ姿は、どなたでしょうか。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最初からここまでブログをお読み頂いた熱心な方には、すぐにわかりますね。

 

 

 

 

わからない方は、これまでの写真を探してシャツの色からすぐに判明すると思います。

 

 

 

 

 

 

そして、次は自宅の桜を撮影したW辺さん。

 

 

 

その写真の出来栄えを確認しようと皆さん近寄ってきています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

W辺さんも、某カメラメーカーのミラーレスカメラをいつももってきています。

 

 

 

 

そして、プレゼンの最後は実行委員長のS藤さんです。

 

 

 

何やら資料をお持ちのようです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その資料を拝見させていただくと、撮影記録がびっしりと書き込まれています。

 

 

 

 

 

 

このような姿勢は、私のようなずぼらな人間には到底できないと思いながら、

 

 

本当に関心してしまいました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一方、小澤顧問は、タブレットに向かって、真剣に何か検討されています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、顧問から作品チェック完了の報告と

 

 

 

今後の各種スケジュールのお知らせを頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

そしてF島さんから、9月の泊まり込み撮影会のおしらせを頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さらに我らがINFINITYのお母さんとして、

 

 

 

 

 

とても面倒見の良いA木さんからも宿泊撮影会の説明がありました。

 

 

 

 

9月の撮影会の時にはお世話になります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

最後に、写真展の成功と、

 

 

 

 

9月の宿泊撮影会が楽しいものとなることを祈念しながら記念撮影を行いました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

長い記事になってしまいましたが、

 

 

 

 

 

今回のブログは東京INFINITYの個性溢れるメンバーの紹介も兼ねて掲載させていただきました。

 

 

 

 

 

しかしながら、今回都合により例会に欠席した会員が何人かいましたので、

 

 

 

その方の紹介は後日機会がありましたらさせていただくこともあると思います。

 

 

 

 

また、東京INFINITYの写真展は11月19日(木)~25日(水)まで、

 

 

 

四谷のポートレートギャラリーにて開催されます。

 

 

 

 

 

ぜひお出かけください。

 

 

 

 

 

 

最後までお付き合い下さいました読者の皆様に感謝申し上げます。

 

 

 

 

今回のブログ担当はLeo@でした。

 

 

 

 

 

 


トップに戻る

2015年7月度の例会

テーマ:

 

 

2015年7月12日(日)、フォトクラブINFINITY の7月例会が行われた。

 

 

 

今回も、先月に続いて11月に開催予定の写真展に向けて、小澤先生の講評及び写真のセレクトです。

 

今回が最終講評会、そして展示用の写真を決定します。

 

まずは、いつものように会長の挨拶から。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に、9月に予定されている撮影旅行(一泊)に関する説明。

 

撮影旅行実行委員の方、雨の中のロケハン大変お疲れ様でした。

 

 

 

 

 

 

 

写真展運営委員から、写真展に関する注意事項等の説明。

 

 

 

 

 

 

毎度、恒例の集合写真。

 

 

 

 

 

 

いよいよ小澤先生の講評と写真の最終セレクトの始まり。

 

前回までの先生のアドバイス等を踏まえ、写真を修正したり追加したりと様々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真が決定した人とその決定した写真を記録する実行委員。

 

 

 

 

 

 

 

 

外国から帰国したばかりでお疲れの様子の小澤先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

最終講評会とあって、皆さん真剣です。 いろいろと悩みながら小澤先生と写真を選んで行きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

会員の写真を前に、熱く講評される小澤先生。

 

 

 

 

 

 

 

講評会は順調に進み、予定時間より大幅に早く終了。

 

 

 

全員、無事に展示用作品が確定したようです。

 

 

 

 

 

 

小澤先生、大変お疲れ様でした。 写真展運営委員の方、御苦労さまです。

 

 

 

 

 

次回は、作品をA3ノビプリントで提出です。 より良い写真展にするよう、頑張りましょう。 今回の担当はnakamura でした。

 

 


トップに戻る
2015年7月7日

2015年6月度の例会

テーマ:

6月14日。熱い例会がはじまります。

 

 

 

この日を向かえる前、5月21日に写真展の向けた臨時総会を開催して、

 

 

会員一人ひとりの考えや想いを出し合い、

 

 

議論をして写真展に向けた「気持ち」&「やる気」を

 

 

新たに「一つの輪」にすることができました。

 

 

(運営委員&役員の方々ありがとうございました)

 

 

 

 

そんな後の大切な講評の場だったからこそ、

 

 

6月例会は熱くなると会員全員が感じていたはずです。

 

 

 

 

 

 

まずは会長からのお話。

 

 

 

 

 

 

 

そして講評が始まる前に全体集合写真をパチリ。

皆さん良い顔です。*まだ笑顔です。

 

 

 

 

 

 

 

小澤先生と我々の真剣勝負の場は、

 

 

一人当たりの講評時間は10分と大目に設定されました。

 

 

 

 

本日は総勢27名。

 

 

13:00~19:00間での6時間の長丁場の戦いです!?

 

 

これがスケジュール(個人名が見えにくい様にわざとぼかしていますのでお許しを)

 

 

 

 

 

2箇所の講評の場を作り、写真を並べる時間を短縮するために机を配置!

写真展運営委員長と小澤顧問は密談中。

 

 

 

 

 

 

さぁ、開始です!!

 

 

 

 

先生の講評を聞きつつ悩み意見する会員。

 

 

 

それを真剣に聞きコメントする周りの会員!!

熱気が伝わってくるでしょう!!全員が議論の輪の中にいます!!

 

 

 

 

 

 

 

 

前の会員が講評を受けている間、次の方々はソワソワ。わくわく。

 

 

 

審判を仰ぐ前のうなだれ方。一人、一人が同じ思いですよ・・大丈夫。

 

 

 

 

 

 

 

先生にお話しする流れを考えながら写真を並べる方・・

 

 

 

 

 

 

余裕の笑顔の方・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ウキウキ顔の方。果たして審判の結果は・・・。

 

 

 

 

 

 

 

 

でも・・講評は、笑いやちぇめっけがあり、

 

 

 

こわい講評ではないことを申し添えておきます。

 

 

 

 

 

 

ちなみに休憩時間はこんな感じ。ゆったりモード。

 

 

 

カップラーメンを食する方々もいます。今回は長丁場ですので腹もへります。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして粛々と講評が続きましした。

 

 

 

 

 

 

さぁ!最後の組です! がんばりましょう!!

 

 

 

(小澤顧問が立つ瞬間を狙ったがぼけて失敗~?

 

 

 

かこれが臨場感か!?と思う事にします笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おっと、白板には何時の間に「追試」の文字が・・・・。

 

 

 

*長丁場による疲れか、腕か、写真の右端が切れてしまった。スイマセン。

 

 

 

 

 

 

 

  ☆「追試」は写真の内容ではなく、真剣な議論が進んで

 

 

 

時間がなくなってしまった為であったことを申し添えておきます。

 

 

3名の方々とっても熱かったです!!

 

 

 

 

 

 

 

そして19時に無事終了、、

 

 

運営委員&役員の方々含め皆様ご苦労様でした!!

 

 

ペコリ。

文責;塩田幸生

 

 

 


トップに戻る
2015年7月6日

2015年5月度の例会

テーマ:

 

 

五月晴れの気持ちのいい日曜の午後、5月の例会が行われました。

 

 

 

現在、私たちは秋のグループ展開催に向け、作品作りに励んでいます。

 

今回もそれぞれが撮影した作品を持参し、顧問である小澤先生との個人面談を行うのです。

 

 

 

まずは写真展実行委員長からの事務連絡。

 

 

 

 

 

 

 

熱心にメモを取りながら聞き入っています。

 

 

 

 

 

いよいよ、個人面談の始まり~。

 

 

今日の出席者は25名、1人6分30秒の制限時間です。

トップバッターは我がクラブの代表から。

 

 

 

 

 

 

 

「代表だいじょうぶ?」

「いやもう緊張しちゃって」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

緊張のあまり、先生に向けて並べるはずの作品を、自分に向けて並べてしまっています。

 

 

 

実はこの写真展のためだけに、先日某国に撮影に行ってきたばかり。

 

 「もう一度行ったほうがいいんじゃないって言われちゃったらどうしよう。ドキドキ」

 

 

 

 

 

 

 

 

副代表は、3枚の組み写真の案ができているよう。

そして、だいたい方向が決まったようですよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みんなから湧き上がる拍手。

 

 

でも先生から「あとはプリントだね。〇〇を〇〇する方法、できる?」

 

安心したのもつかの間、どんどん上がるハードル。

 

 

 

 

 

 

 

先生とのやり取りを、取り囲んで見つめるメンバー。

 

 

 

 

 

 

 

 

「これはないんじゃないの?」

 

「えっ、マジですか?」

 

 

 

 

 

 

先生の鋭い指摘や、ありがたくも厳しい言葉に、

 

 

 

 

自分が言われているかのように緊張の面持ちで見守っています。

 

 

 

 

 

そんなやり取りが続いている間、次の順番の人は、

 

 

 

隣のテーブルに見ていただく作品を準備します。

 

 

 

 

 

 

パカーッとキラキラしたTシャツに似合わぬ引き締まった表情の先生。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「何を表現したいですか?」

「どれを出したいですか?」

「どう組みますか?」

 

 

 

 

 

 

ここでひと息休憩を取りましょう。 リフレッシュするため、外の空気を吸いに行った先生

 

「僕といっしょに飲み物でもいかが?」

 

「シャー!寄るな、怪しい風体の者!」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ポートレートを撮ってあげるから機嫌直してニャン」

 

 

 

 

「勝手にしなさい」

 

 

 

 

 

  猫にはめっぽう弱いようです。

 

 

 

 

 

 

さて、個人面談再開です。

 

 「どちらの方向で行きますか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

「このイベントはまた撮ることはできる?」

 

「もう1回ならチャンスはあります。」

 

 

 

 

 

 

 

今回も面談は4時間近く、予定時間をオーバーして行われました。

 

 

 

 

 

 

 

 

5時の閉室ぎりぎりになってしまったので、恒例の集合写真は外で!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先生、みなさん、お疲れ様でした!

来月6月の例会はどのような展開になっているでしょうか?

 

 

 

どうにかなっていないといけないのですが。

 

メンバーのがんばりに期待しましょう。

 

 

 

 

 

 


トップに戻る
2017年10月
« 9月    
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
キヤノンフォトクラブは地域に根ざした活動をしています。
スマートフォンに対応しています。

Copyright (C) 東京INFINITY All Rights Reserved.