東京INFINITY
キヤノンフォトクラブ 東京INFINITY
文字サイズを変更する
by Taichi Kozawa 201205_木下 201205_麦わら帽子 201205_菅原
活動報告
2013年11月24日

キャノンフォトクラブ東京INFINITY 2013年11月例会レポート

テーマ:
今月の例会は「月島」         早めに到着したので付近を散策してみました   →ナヌ!コザワ先生が商売替え??         散策開始から5分足らず。疲れて一服中の51歳、Y氏(火災予防運動実施中)       佃島公園界隈は相変わらず、水彩画愛好者で賑わっていました         界隈全体に佃煮の香りがプ~ンとして、食欲をそそります         住吉さん・・・七五三祝いのご家族で賑わっていました         「緑の風」という名前のモニュメント       遊覧船・・・今日は寒いでしょうなぁ         月島といえばもんじゃ・・・「どんなもんじゃぃ!ナメンナヨナ!」とばかりに道路左右にお店がズラーリ           でも、すべてのお店が流行っているわけではないようで、昼時でもガラガラの店もあります。               通りの中ほどにあるピザの斜塔的交番。ななめに立っています         個人的におすすめなのは、もんじゃではなくてメロンパン         で、買いました、1個160円。両耳に真っ黒のでかいピアスをしたお兄さんの愛想が、ものすごくよいので飛ぶように売れています。(今日のランチ)           もうすぐ12時なのでそろそろ例会会場の佃区民館へ移動   3階へ移動し、部屋のドアを開けると目に飛び込んできた「なぬ~、今日も欠席?なにやっとんじゃい!」的光景・・・ではなさそうです         というわけで、今日は親分さんの仕切りで例会スタート             次にインスタンスでの写真展のご案内・・・当番、あまりできずにごめんなさい(涙)           今月の例会のメインディッシュはフォト婚・・・でなくフォトコン   みなさん、マグロのように回遊しながらどれに投票するか悩んでおられました                     「おや、いいカメラですねぇ。70Dですねぇ。やっぱりきっかけは僕のトーク?」と言いながら、中年のオヤジをいじるコザワ先生         そして投票、緊張の瞬間         役員の方が「キャン・ドゥ」で買った105円(税込)の投票箱をどうやら気にいった様子。「コラコラ、奪っちゃいかん!」               集計作業開始!お世話さまです         フォトコンの結果発表はのちほど   ここからは講評会!     「ピントがオジサンに合っているのが抜群にいいよね、構図もいい」         「日の丸構図もあり!プリントする紙によっては更によくなります」         「絶妙のシャッターチャンス!動きのブレが象徴的!」         「技術があるのが分かるよね」・・・なんともうらやましいお言葉           「ギャップをコントロールできるとさらに写真がよくなりますよ~」   ※本日は最初から最後まで声が裏返りっぱなしだったコザワ先生         「ネコ、可愛いよね。実はもう1匹ネコがいるような思わせぶりがいいミャー」   ※ここからピクチャースタイルを「オート」に設定変更しました         「ネコ、ガン見。「フレーム」っていうタイトルがいいよね」         なるほど的な表情で講評を聞いている三人衆             「来年からボケは使わない?」         「最近思い切っているよね、奥様のセレクト?これからもどんどん見せるべきです」         休憩中も他の写真を見て意見交換するみなさん             「何でそこに人を入れるのか?」的談義中・・・それはそこに入れたいと思ったから(ボソ)←ウソです         「色のバランス、プリントまで見越して撮っているのがいい、それにシブイ、技あり!」         次はチャンピオンかぁ         「コミュニケーションをよくすると写真が2倍よくなるバイ!」               ※今日は馬でなく人間です   「一番右上、スクエアでもよかったんじゃない?」             「これはもう被写体選びが勝因だよね!・・・ところでその娘ズラ?地毛?マジ?」         「オヤっと思わせるいい写真です」         「光がいいよね」                 で、撮り方を先生自ら実践中・・・得した気分         「今後はすべて奥様フィルターを通してセレクトしてみようね!」           「2つの世界が入っていていいよね、誰が見てもオッと思う写真です」               「視点が面白い!」       こうして無事に講評が終了し、マキが入っているためそそくさと結果発表   向かって右からワン・ツー・スリーと第6位までの方が選ばれました         先生、長時間の講評おつかれさまでした         そして例会の最後は恒例の集合写真、フォトコン受賞者は椅子あり。         「来月12月の例会は年間チャンピオン決定戦。頑張っていい写真もってきてねぇ~」           以上、11月例会のレポートでした。   (おしまい)
トップに戻る
2012年8月7日

8月の例会が開催されました。

テーマ:
8月の例会が開催されました。 今回は、ミニフォトコンテストとの事で、各自写真を1枚A4サイズで提出し、会員の投票により1位から3位迄を発表するというものです。      

① 某企画について

前回より始まった某企画について、持ち寄った写真を並べての検討会です。 小澤先生の話に熱心に耳を傾けます。 次回の方針が決定。   数多くの写真をまえに小澤先生との検討会          

② ミニフォトコンテスト

各自傑作写真をA4サイズで1枚提出(自由テーマ)。 その中から、会員の投票により1位から3位迄を選びます。 各自3票を投票。(自分の作品以外に投票。)   提出作品をじっくり見て回っています          

③ 講評会

ミニフォトコンテストに提出した写真の講評会です。 持ち時間は1人4分。 4分の間にプレゼンと講評を受けるのですが、写真が1枚の為か時間が余ってしまった方が多かったようです。     プレゼンを熱心に聞いています。     なかには複数の写真の方も。          

④ ミニフォトコンテスト結果発表

投票の結果、1位NAOさん、2位 川又さん、3位 高橋さんに決定。 おめでとうございます。小澤先生から豪華な品を賞品として提供して頂きました。     入賞した写真と賞品を手にする3人。 左から 2位川又さん、1位NAOさん、3位高橋さん       又、敢闘賞として、小澤先生より間島さんに賞が送られました。 賞品はEOSレンズ? いえ、先生の豪華サイン入りEOSレンズカタログでした。 (このレンズカタログには、小澤先生の写真が使われています。)          

⑤ 集合写真

毎度恒例の集合写真です。 高い所(滑り台の上)にいる3人は、ミニコンの入賞者です。皆で入賞者を称えましょう。     そして、懇親会会場へ。 本日は猛暑の中、お疲れ様でした。 前回の7月度例会から、会員が順番に活動報告を作成する事となりました。   今回はnakachanが担当しました。
トップに戻る
2012年7月10日

7月度例会 ~時間との闘い~

テーマ:
キヤノンフォトクラブ東京INFINITYの7月例会を開催しました。 まずは、ぴろち代表からごあいさつ。 ウルトラマンのカラータイマーのごとく、胸のお名前シールが光ってますね(笑) その後、本日から始まる謎の企画?について、小澤先生からのお話がありました。 そして、机の上には、たくさんの写真の数々。 まだ全貌の見えないこの企画、これからどうなっていくのかな~?(^_^;) 不安でもあり、楽しみでもあり。 続いて、例会へと突入です。 きょうは、1人4分の持ち時間内で、作品のテーマ、枚数は自由となっています。 時間をどのように使うかも自由なので、タイマー表示を見ながら、それぞれが工夫をこらします。 まずは、自分の写真についてのプレゼンです! 1枚ずつじっくりと説明される方もいれば、何枚かで組写真を作ってこられる方もいます。 あるいは、たくさんの写真を並べ、セレクトについて皆さんの意見を聞いてみる、などなど。 いろいろなアプローチで、講評会は進んでいきました。 作品を見ながら、撮影時に工夫したこと、撮影の状況など、会員からも感想や質問が飛びます。 プレゼンを聞いているみなさん。 あら、長丁場で、ちょっとお疲れ気味かな~?(^_^;) 30人以上いますから、写真もバラエティーに富んでます。 しかも、ひとり一枚じゃないし。これがすごく勉強になるんですよね。(^^) 小澤先生に感想を聞いたり、どなたかを指名して自分の作品について意見をもらうのも自由です。 でも、説明してたら時間切れ~なんてこともw 最後に少し時間が余ったので、しゃべり足りない人は、もう一度チャレンジです!w たくさんの人が自分の写真をどう見てくれるのか、毎月ドキドキしながら作品を持っていきます。いろいろな意見が聞けるのも、写真歴も年代も幅広いフォトクラブならではですね。(^O^) 本日はこれにて終了!!! みなさん、お疲れさまでした。 盛りだくさんの例会の後は、懇親会へとなだれ込み! きょうはどんな話が飛び出すのかなw 楽しい時間はまだまだ続くのでした。 7月の例会報告は、不肖ぺんたがお送りしました。<(_ _)>
トップに戻る
2012年6月21日

6月度例会【シークレット講評会】

テーマ:
6月度講評会を開催しました。 今日は朝方の雨もお昼前には上がり、青空の下キャノンフォトクラブ東京INFINITYの講評会がおこなわれました。 早速ですが、今日の講評会に先立ち各会員は2枚の作品を「作品の裏に①・②と天地だけを書いて出したぜ!ワイルドだぜ」。今回は「シークレット講評会だぜ」もちろん作品のテーマは「勝手だぜ」。     いつもと趣向を変えての講評会、みなさん誰の作品かは分からないまま、前に張り出された2枚の写真を勝手に眺めながら勝手に物言う手はずだった・・・しかしなかなかみなさんの口がどうして堅い。(それとも大御所の作品だったらとの思いがあるのか)     しかしそこは慣れです。講評会が進むにつれて「構図がどうだ、ピントはどこだ、絞りは・・・と」まるで写真好きの変わり者の集団の集まりみたいになって行くではないか。     どんどん写真の講評会らしくなっていきます。     場を和ますつもりなのか、菅原部長の非常にユーモラな突っ込みとも思われるギャグがたぶん、本人の心の中でのみ炸裂します。そんなユーモラスなギャグに耳を傾けといると会場中ほどの「BIG EAST」氏より矢を射るような鋭い一言が飛ぶ・・・   2枚の作品に対して、勝手好き放題言い放った後はいよいよ真打ち登場、小澤先生の的確な好評を受けてみなさんなるほどなとなるわけです。     今回は、出品者の名前を隠しての「シークレット講評会」、初の試みでしたがあっと言う間に時間がすぎていきました。 今回の講評会で大変勉強になったこと。「杭の残らないよう悔いのない写真を撮ろう・・・」ってことかな?       今回の活動報告は「スギちゅん」、イヤ間違えた。麦わら帽子こと「麦ちゃん」が書かせていただきました。 この後、お決まりの親睦会のために月島もんじゃ街に消えて行くのであった。
トップに戻る
6 / 6« 先頭...23456
2017年3月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
キヤノンフォトクラブは地域に根ざした活動をしています。
スマートフォンに対応しています。

Copyright (C) 東京INFINITY All Rights Reserved.